ルーターのお仕事

はじめに

こんにちは。東京アプリケーションシステム 第二ソリューション部のM.Kです。
本日はネットワーク機器であるルーターについて、その仕事の一部を簡単にご紹介したいと思います。

ルーターのお仕事とは?

とても大まかに言うと、コンピュータ同士の通信の中継を行っています。
IPアドレスという識別情報を使用して通信経路の制御を行い、世界中のコンピュータ間での通信を可能にしています。

IPアドレスについて

IPアドレスにはIPV4アドレスとIPv6アドレスがあります。最初はIPv4アドレスのみでしたが、インターネットが普及するにつれてIPv4アドレスの不足が予想され、IPv6アドレスが開発されました。
ネットワーク装置間でIPv6アドレスをちらほら目にしますが、M.Kの身近では未だIPv4が多い印象です。

ネットワークアドレス変換

IPv4アドレスにはグローバルIPアドレス、プライベートIPアドレスの2種類があります。
グローバルIPアドレスは世界で一意の値を持ち、インターネット通信で使用されます。プライベートIPアドレスはプライベートネットワーク空間で使用されるIPアドレスで、このIPアドレスではインターネット通信を行うことはできません。プライベートIPアドレスは社内での通信や家庭内での通信に使用されています。

                           

では、プライベートなネットワーク空間とインターネットはどうしたら通信できるでしょうか。
それを解決できる技術としてネットワークアドレス変換があります。
社内などのプライベートなネットワーク空間とインターネットの境界にあるルーターで行われていることが多く、インターネットを使用する人が意識する事はありません。

おわりに

簡単ですが、ルーターの仕事の一部を紹介させていただきました。
インターネット通信についての理解の一助となれば幸いです。

東京アプリケーションシステム

最近の記事

  1. 2021.11.30

    百不知百不会