ネットワークを構成する機器について

はじめに


こんにちは。東京アプリケーションシステム 第二ソリューション部のM.Kです。

昨今は、自宅、オフィス、外出先、場所を問わず、インターネット通信を利用する機会があります。
インターネット通信に利用される機器は、ネットワーク機器と呼ばれています。
今回は、一般的なオフィス環境で利用されているネットワーク機器について簡単にご紹介します。

一般的なオフィスのネットワーク環境


 

一般的なオフィスのネットワーク構成はこのようになっていることが多いです。

各機器のご紹介


  • ハブ

パソコンとLANケーブルで接続する機器です。この機器に接続しているパソコン同士やコピー機と通信ができます。

  • 無線アクセスポイント

パソコンと無線LANで接続する機器です。この機器で無線LANと有線LANの変換を行います。

  • ルーター

パソコンをインターネットへ接続する機器です。
自宅や小規模オフィスでは、ハブと一体化した小型のルーターや、無線アクセスポイントと一体化したルーターが利用されることもあります。
無線アクセスポイントとルーターが一体化したものは、無線ルーターやWifiルーターと呼ばれています。

  • ONU

光信号と電気信号を変換する機器です。
パソコンからの電気信号は、この機器で光信号に変換されて回線業者/プロバイダーが提供する光回線を利用することができます。

さいごに


簡単ですが、一般的なオフィスのネットワーク機器を紹介させていただきました。
インターネット通信についての理解の一助となれば幸いです。

東京アプリケーションシステム

最近の記事

  1. 2022.03.18

    物事の伝え方