オフィスの無線機器

はじめに

こんにちは。東京アプリケーションシステム 第二ソリューション部のM.Kです。

テレワークが浸透してきたためか最近のオフィスの通信環境に無線機器がずいぶん増えたなと感じています。
今回はオフィスで使用する機会の多い無線機器をご紹介します。

無線機器

Wi-Fi(無線LAN)ルーター
パソコン、スマホ、タブレットなどのWi-Fi搭載機器と無線で接続し、それらと社内のサーバーやインターネットとの通信の仲介を行う装置です。

           

 

 

 

Wi-Fi(無線LAN)中継器
Wi-Fiルーターからの電波を中継して、電波の届く範囲を広げる装置です。

 

 

 

Wi-Fi(無線LAN)アクセスポイント
無線LAN(Wi-Fi)と有線LANを相互に変換する装置です。

 

 

 

Wi-Fi(無線LAN)アダプター
パソコンなどに装着してWi-Fi(無線LAN)の通信機能を追加する装置です。現在はUSBタイプのものがほとんどです。

    

 

おわりに

現在のWi-Fiの最新規格は Wi-Fi6(IEEE802.11ax)です。
この規格は、通信の高速化もですが、多大数の機器の同時接続にも強くなっています。
ほとんどの人がWi-Fiを使用しているオフィスは、次回のWi-Fi-ルーター入替え時期に
Wi-Fi6対応モデルを検討してみてはいかがでしょうか。

東京アプリケーションシステム

最近の記事

  1. 2022.03.18

    物事の伝え方