学生時代の経験でよかったこと

こんにちは。2人目のY.Mです。

私は専門学校から新卒でこの会社に入社したのですが、入社前は本当に自分の学んできたことは役に立つのかなどとても不安に思ってしまうことがありました。
そこで今回は私が学校で学べてよかったことや、経験してよかったことについて書きたいと思います。

まず一つ目として、色々な言語に触れることができたことです。

プログラミング言語といっても様々な種類の言語があります。実際に業務で使う言語と自分が学校で学んできた言語が違う場合もあると思います。そういったときに複数の言語に触れていれば、自分が触れたことがない言語でもある程度応用がきいたり、わからないことがあった場合に調べることが簡単になると思います。

二つ目はコミュニケーションをとることです。

自分も最初はそう思っていましたが、SEやプログラマーだからと言って人との会話が全くないということはありません。仕事をする上で人と会話をしない業務など存在しないと思います。
そのためコミュニケーション能力は必要不可欠です。私も自分から話しかけることが苦手でしたが、つらいのは最初だけですので頑張りましょう。
私のおすすめは先生と会話することです。先生とはわからないことがあったり、気になることがあった時など話かけるタイミングが多くあり、目上の方ということもあって敬語の練習にもなると思います。入社すると当たり前ですが自分より目上の方しかいらっしゃらないので敬語も意識して使えると良いと思います。

最後に資格に挑戦することです。

資格は就職を有利にするだけでなく、自分の知識レベルや技術レベルを上げてくれます。また学生と社会人とでは資格に挑戦するハードルが大きく異なると思います。勉強時間の確保や教材、教えてくれる人の有無など学生にしかない有利な要素が多くあるので資格にはぜひ挑戦しておきましょう。
情報系の資格は年に1、2回しか受けれないものが多いです。そのため一度合格を逃してしまえば次受けるのは半年か1年後になりその時身に着けたものが抜けてしまったり、他の試験に挑戦する機会が失われてしまいますので前もって試験対策を行い確実に合格できるように取り組みましょう。

以上が自分のやってきてよかったなと思うことでした。
挙げた項目の他にも大切なことはいろいろあると思います。様々なことに挑戦して自分の経験を豊かにしてみてはいかがでしょうか。

東京アプリケーションシステム株式会社では中途採用と2023年度2024年度の新卒採用エントリーを行っております。
興味のある方のご応募をお待ちしております。

関連記事

  1. パソコン入替の提案に行ってきました!

  2. プログラミング初学者の、配属後の日々

  3. スターバックスのタンブラーが3つ。左からガラスで透明で白のスタバのロゴが入ったタンブラー、黒いマットなデザインのスタバのロゴが凸凹で入ったタンブラー、普通の白地に緑のロゴが入った紙カップのようなデザインのタンブラー

    SDGsってもしかして簡単?

  4. 社会人2年目、運動始めました。 ~ ダイエット編 ~

  5. 一人暮らしについて思ったこと

  6. オフィスカジュアル導入しました

東京アプリケーションシステム

最近の記事

  1. 走る新社会人
  2. 面接を受けている人

一緒に働く仲間を募集しています

TASC採用情報

コンテンツ一覧