一人暮らしについて思ったこと

こんにちは。
新潟支社に務めている1人目のY・Mです。

11月に入り、一人暮らしを始めてから半月以上が経過しました。
一人暮らしに強い憧れを抱いていたので、始まった当時は期待に胸を膨らませていたことをよく覚えています。
そこで、今回は一人暮らしを始めて今までに至るまでの、楽しいこと・苦労していることそれぞれについて書きたいと思います。

まず、一人暮らしで楽しいこと。
それは、「100%自分が住みやすい家」に住むことができることです。
家族や誰かと暮らしているのであれば、お互いに配慮しなければ生活ができません。もちろんそれは大事なことですが、偶に鬱陶しく思うこともありました。

一人暮らしでは、当たり前ですが自分しかいないので自分のペースで生活することができます。
部屋には好きな家具を置けますし、自分が好きな香りがする洗剤を使用でき、自分が好きなデザインの食器や調理器具を使えます。趣味に打ち込んでいる時も、誰かに頼み事されたり茶々を入れられたりすることがありません。100%自分のために生活できるのです。
一人暮らしを始めた初め頃に強く感じたのは、自分一人で生活することの快適さでした。

反対に、一人暮らしで苦労していること。
前述したように一人暮らしでは100%自分のために生活することができます。ただそれは、言い換えれば「自分の面倒を100%自分でみなければならない」ということでもあります。
掃除も洗濯も買い出しも、代わりにやってくれる人は誰もいません。それだけ疲れていても、自分でどうにかしなければ目の前のごみや洗濯物はなくならないのです。自分で一人暮らしを選んだ以上、その覚悟も込みで始めたつもりでしたが、しばらく片付けができなかった時、散らかっている部屋に帰っては「ああ…」と嫌になっていました。
ありがちですが、その時やっと、実家に住んでいた頃って本当にありがたかったなあ、と思いました。

他にも楽しいことや大変なことはいっぱいありますが、総合的に考えると「やっぱり一人暮らしって楽しいな」というのが自分の感想です。
自分で汚した部屋に辟易することもありますが、掃除をするとすっきり綺麗になって気持ちが明るくなります。自分はそこまで几帳面ではないのですぐ散らかしてしまいますが、掃除が好きだし、散らかっててもいいか…と最近はあまり気にしないことにしています。

自分が好きな家具に囲まれて自分のために生活することは本当に楽しいものです。
皆さんもぜひ、就職を機会に一人暮らしを始めてみたはいかがでしょうか。

東京アプリケーションシステムでは、中途採用、2023年度及び2024年度の新卒採用エントリーを行っております。
興味のある方は是非ご応募お待ちしております。

関連記事

  1. 紙から電子化(ペーパーレス)を進めるためのステップ

  2. 新卒イベント2022.2.24開催【仕事研究フェスタ】に参加します!

  3. 情報セキュリティ10大脅威 2020

  4. 2021採用イベント情報

  5. 新年のご挨拶

  6. 本社移転いたしました

東京アプリケーションシステム

最近の記事

  1. 走る新社会人
  2. 面接を受けている人

一緒に働く仲間を募集しています

TASC採用情報

コンテンツ一覧