早起き

こんにちは!
東京アプリケーションシステムのS.Mです。

皆様はやりたいことがあるのに、時間がない!という経験はありますでしょうか?
私は3か月ほど前までそのような状況に陥っておりました。
毎日やりたいことがあるのに、急な用事ができてしまい時間が取れなかったり、
帰りが遅くなって時間がなかったり等々理由は様々ですが、とにかくできていませんでした。

そんな状況を何とか打開すべく考えた結果、時間がないなら必ずやりたいことをやる時間を作ればよいのではという結論に至りました。
具体的には表題にある様に早起きを行うようにしました。

早起きを始めてから3か月ほど、週2,3ほどですが早起きできるようになってきました。
当初の予定のやりたいこともその時間を活用し行えるようになってきています。

当初は全然起きれず、目が覚めたとしても二度寝をしてしまったり、眠気から作業を行えなかったりと散々でした。
しかし、そんな中創意工夫を行い、自分なりのルール・ルーティンを設けることで少しずつですが改善されてきました。
具体的には
①起きてからのスケジュールを就寝前に決めておく
②早起きし続けた結果と早起きしなかった結果、どれくらい活動時間に差が出るのかを就寝前に頭に入れる
③早起きできなかったとしても、深刻にとらえない
④起きる時間を少しずつ早くする
です。

他にもいくつかありますが、大まかな部分はこの通りです。

また、早起きをしていく中で、当初の目的以外にもメリットが生まれたことも継続につながった要因でした。
1つ目は、小さいながら自信が生まれたことです。
今まであまり大きな事を成したことがない私にとって、自ら決めたことを継続できているということが自信につながりました。
その結果、次はこれをやってみようという小さな勇気に繋がり、行動力が上がったように思います。
2つ目は、日常の時間の無駄に気が付けたことです。
早起きし初めのころに、起きるのがつらく、そもそも早起きする必要があるのかと自問したことがきっかけで、
これまでの私の行動の中で時間を無駄にしていることを見直して日常の時間の無駄に気が付けました。

結果として、色々な面で成長することができました。

皆様も時間を作ってみてはいかがでしょうか?
ご覧いただきましてありがとうございました。

関連記事

  1. 試験勉強…

  2. ご来場ありがとうございました

  3. ①新入社員“初出社です!!”

  4. 情報セキュリティ10大脅威 2020

  5. 一眼レフカメラで撮る写真

  6. 2021内定式

東京アプリケーションシステム

最近の記事

  1. ハンバーガー

一緒に働く仲間を募集しています

TASC採用情報

コンテンツ一覧