4DKanKan Proの社内デモを行いました

東京アプリケーションシステムのM・Sです。

今回ご紹介するのは4DKanKan(フォーディーカンカン)
AIアルゴリズムによるモデリングを可能とした3Dスキャナーです。
カメラ撮影するだけの簡単操作で以下の事が行えます。

1.間取り図や3Dモデルを最短10分で自動生成
2.オンライン物件案内が可能(最大100名まで対応、チャットや通話)
3.作成した3Dモデル内に間取り図や部屋の紹介音声、価格など様々な物件情報を組み込み可能
4.モデル内を自由に歩くウォークスルーが出来る

 

デモで凄いと思った機能をざっくり言うと
「Googleマップのストリートビューの室内版のようなもの(インドアビュー)が作れる」
という感じです。

こんな感じで設置をして…

スマホで操作をし、間隔毎に撮影をします。

3Dモデルも簡単に作成出来ました。
ウォークスルーのデモ体験は、公式サイト「アプリケーションデモ」よりご覧ください。

最近引越を検討し色々な物件情報を見る機会があります。
サイト上で室内を360度見れる物件もありましたが、物件内での自由な移動までは出来ませんでした。
こちらを使用すれば実際に内覧しているような体験が出来るので
物件の把握や室内の様子をイメージしやすいと感じました。

もう少し詳しく知りたい方、興味を持たれた方はどうぞお気軽にお問合せ下さい。

関連記事

  1. ITbookホールディングスグループの内定式が行われました

  2. ITbookホールディングス合同入社式

  3. 「せざるを得ない」「せざる負えない」正しいのは…

  4. 読書の秋

  5. 社会人2年目、運動始めました

  6. パソコン入替の提案に行ってきました!

東京アプリケーションシステム

最近の記事

  1. 2022.03.18

    物事の伝え方

一緒に働く仲間を募集しています

TASC採用情報

コンテンツ一覧