帰宅と睡眠習慣

こんにちは。
新潟支社で勤務している一人目のY・Mです。

最近まで、私にはある悩みがありました。
それは「家に着いたらすぐ寝てしまう」という問題です。

入社して半年がたち、それなりに業務に関わらせていただいているのですが、まだまだ覚えることが多いために脳をよく使うらしく、家に着くともう寝ることで頭がいっぱいな状態です。
単純に体力がないだけなのですが、体力を作ろうにも家に着いてこの状態では何もできません。一瞬でも横になってしまえば、そこが床だろうがベッドだろうがぐっすり寝てしまいます。
そうして夜中の中途半端な時間に起きては慌ててその日の家事を片付ける生活をしていたのですが、そうするとまとまった睡眠時間が取れなくなりますます疲れが取れなくなってしまいました。

このままでは体を壊してしまう!と危機感を覚え、眠気覚ましや帰宅後お風呂に直行するなど様々な対策を試しましたが、うまくいかず。
悩みに悩んだ末、私が出した答えはこれでした。

開き直ってその日はもう寝て、翌日早く起きる

私にとってこれは効果てきめんで、朝の4時や5時に目を覚ましすっきりした頭で家事など前日やり残したことを片付けることができ、空いた時間で自分の好きなことに取り組むこともできるようになりました。
今ではこのスタイルが身につき、疲れ切った頭で出勤することがほとんどなくなっています。

学生時代の私はいわゆる夜型で、深夜遅くまで起きていることが日常でした。大学生の終わり頃には朝方に寝て昼前に起きる昼夜逆転の生活を送っていたのですが、就職が決まった際にこのままではいけないと思い睡眠習慣を改めたつもりでした。ただ少しずつ寝る時間が遅くなり、朝慌てて準備するということが多発してしまっていたので、現在のスタイルはかなりQOLを上げてくれています。
体質によっては早寝早起きがどうしてもできないという方もいらっしゃると思いますが、自分のように帰宅してからなかなか時間が取れず悩んでいる方は、思い切って夜すぐ就寝してみてはいかがでしょうか。

東京アプリケーションシステムでは、弊社に興味のある方に向けて積極的に企業説明会を実施しています。
就職活動中の皆様は、ぜひご参加ください。

また、10月3日には内定式を実施いたします。
来年の4月、皆様に会えますことを心よりお待ちしております。

関連記事

  1. 納涼会イベント(7月)

  2. 冬の寒さに彩りを

  3. 世界初!軟骨伝導ワイヤレスイヤホン

  4. 暖かくして過ごしましょう

  5. 1位を目指すということ

  6. 本当に欲しいものは何なのか?

東京アプリケーションシステム

最近の記事

  1. 走る新社会人
  2. 面接を受けている人

一緒に働く仲間を募集しています

TASC採用情報

コンテンツ一覧