2023.3.4 就活縁日に参加しました

こんにちは。新潟支社に勤める1人目のY.Mです。

3月4日に朱鷺メッセにて開催された就活イベント【就活縁日】に参加しました。
足を運んでいただいた皆さま本当にありがとうございました。

私個人、就活生だった頃にこのようなイベントに参加したことがなかったので新鮮な気持ちで当日を迎えました。
今回はその時の感想や、現在の心境について触れたいと思います。

まず会場についてすることといえば、『準備』です。
企業ごとに割り振られたブースにて、プロジェクターの配置や張り紙等、どうすれば学生さんに適切なアピールができるか考えます。
会場における自社ブースの位置も意識せねばらならず、当日の中で一番緊張した時間でした。
あまり情報が多くても、視界がごちゃごちゃして意識が散ってしまうのでよろしくありません。
一方で情報を削りすぎても、こちらの意図が伝わらりきらない可能性があるので良くない…と会場設営の奥深さ、その複雑さを痛感しました。
最終的にはちゃんとした企業としてのブースが完成し、なんとかひと段落着きました。

開始時間が迫るにつれて学生さん達の列が伸びていき、自分の中には期待と緊張が入り混じった感情が膨らんでいきました。
そしていざイベントが開始すると、驚くことになかなか学生さんが集まりませんでした
弊社は会場において奥の方に配置されていたのですが、あたりを見回すとちらほらと学生さんがいるものの奥側は空いており、入り口側が埋まっていた印象を受けました。
時間が経つにつれて弊社のブースにも足を運んでくださる学生さんが増え、説明会を始められるようになりました。
後半には立ち見席まで埋まるほど集まっていただき、多くの学生さん達に興味をもっていただいてとても嬉しかったです。

イベント中における私の役割は主に学生さんへの声掛けと質問対応でした。
最初はどうすれば良いか分からずうまく学生さんに声掛けをできなかったのですが、後半は少し慣れて積極的に声掛けができたと思っています。
ただ質問対応は難しく、まず学生さんから質問を引き出すことがなかなかできませんでした。
もし次回このようなイベントに参加する機会があれば、次こそは質問をもらえるよう努力したいです。

全体的な雰囲気としては、あちこちから熱意のこもった説明会の声が聞こえて賑やかなイベントでした。
私は今回説明する側にはあまり参加しませんでしたが、いつかそのような場面が来たら学生さんに企業としての熱意を伝えられたらなと思います。

2023年に入り、1月と3月のイベントを終えて、より多くの方々に弊社へ興味を持っていただけたと思います。
東京アプリケーションシステムにおいても企業説明会を実施しておりますので、もっと会社について知りたい!という方や、イベントには参加できなかったけど興味を持っていただいた方等、是非お申し込みください。

関連記事

  1. 学生から社会人となって起きた心境の変化

  2. 大学等合同就職面接会ご来場のお礼

  3. ゲーム制作の経験は仕事に活かせるのか?

  4. 勉強会実施しました

  5. 韓国からの就職

  6. 年末のスタッフブログ

東京アプリケーションシステム

最近の記事

一緒に働く仲間を募集しています

TASC採用情報

コンテンツ一覧