形容詞を使わない

こんにちは!

東京アプリケーションシステム 第一ソリューション部 T.Sです!

今回は私が仕事で意識しているけど全然できるようにならない。けどできるようになりたいな~と思うことをお話ししたいと思います。

内容はブログのタイトルにある通りですが、イマイチぴんとこないと思いますので例をあげます。

上司A:この書類あとどのくらいで完成する~?

私:あとちょっとで完成します!!!
(心の声:あと30分ぐらいかな~)

上司A:了解~
(心の声:ってことは、あと5分ぐらいかな~)

~30分後~

私:できました!!!ドヤ顔

上司A:お、おう。ありがとう。
(心の声:意外と時間かかったな、、、)

ここで言う形容詞は「あとちょっと」ですが、
同じ言葉でもその人によって定義が違うことが分かります。

「あとちょっと」の定義
私→30分
上司A→5分

今回の例だと、25分の差異が発生していることが分かります。
上司からすると、想定よりも完成が遅れ待たされている。
部下からすると、上司を待たせてしまい評価が下がる。

このように両者ともマイナスの影響を受けていることが分かりますね。

ではどうすれば良かったか。
もう皆さんお分かりだと思いますが、「形容詞を数字に置き換える」です。

上司A:この書類あとどのくらいで完成する~?

私:あと30分程度で完成します!!!

上司A:了解~

~30分後~

私:できました!!!ドヤ顔

上司A:時間通りだな。ありがとう。

このように報告すれば、差異が生まれずスムーズに仕事ができますね。

他にも仕事の報告際に、「かなり時間かかります!」「めっちゃ遅いです!」「だいぶ埋まってますね~」などよく言ってしまう言葉ですが、

「かなり時間かかります!」 → 「〇時間ぐらいかかります!」

「めっちゃ遅いです!」   → 「通常と比べると〇%ぐらい遅いです!」

「だいぶ埋まってますね~」 → 「〇件ほど埋まっているので、〇分ぐらいかかりそうですね~」

などなど、できるだけ数字で表現できると良いですね。

と長々と語りながら私もできない場面が多々あり、「あ、、あとちょっと、、、です!」など
社会人一年目の子が敬語に苦戦するような感じで言ってしまいます。

今回の内容が自分にも当てはまる人は、一緒に改善できるように頑張りましょう。

最後に、東京アプリケーションシステムは新入社員を大募集しています!
興味を持っていただけた方は是非応募してみてください!!

関連記事

  1. ケアレスミスを減らす方法

  2. 外出できないなら家で出来ることを考えてみた

  3. 「任せる」と「丸投げ」

  4. ③新入社員“初出社!!”

  5. 実は、プレゼンテーションが怖いです。

  6. 冬の乾燥対策

東京アプリケーションシステム

最近の記事

  1. 走る新社会人
  2. 面接を受けている人

一緒に働く仲間を募集しています

TASC採用情報

コンテンツ一覧