「伝えた」からって「伝わる」わけではない!

こんにちは、第一ソリューション部 営業のSです。

先日とある訪問先のお手洗いをお借りした際、手洗い場にこんな張り紙がありました。

「『令和』だというのに手動ですみません。利用後は水をとめて下さい。」

 

ただ「手動です」と通知するのではなく、これを見た方のこころに伝えるような文章で
私も気を付けて蛇口をひねりました。

仕事でもプライベートでも、人に何かを伝えなければならない場面は少なくありません。
「伝えた」ではなく「伝わった」かが重要。
「言葉」だけではなく「こころ」に伝える事も必要。

伝え方ひとつで伝わり方に大きな差が出るのだと、考えさせられました。

もし、弊社からのご案内の中で「伝わらない」「伝え方が悪い」などのご意見がございましたら、
第一ソリューション部までお気軽にご連絡下さい!

関連記事

  1. ニューノーマルって何?

  2. わたしの出勤事情

  3. 本社移転いたしました

  4. 基本情報受けてきました( ¯•ω•¯ )

  5. 外出できないなら家で出来ることを考えてみた

  6. ハンバーガー

    何をやるかより何をやりたいか

東京アプリケーションシステム

最近の記事

  1. 走る新社会人
  2. 面接を受けている人

一緒に働く仲間を募集しています

TASC採用情報

コンテンツ一覧