朝型人間の苦悩

こんにちは!東京アプリケーションシステムのK・Nです。

みなさんは午前中から活動的だったり、早起きが得意な「朝型」でしょうか?
それとも、午後から活動的になり、夜でも集中して作業ができる「夜型」でしょうか?
私は朝型の人間なのですが、ずっと昔から夜型を羨ましく思っています。

私の小さな悩みの1つに、「どんな時も決まった時間に目が覚める」といった事があります。
これを友人などに話すと「メリットじゃん!」と言われます。いえいえ、この恐怖を貴方は知らない…。
例えば夜間でしか作業できない仕事を終え、非常に遅い時間に就寝したとします。
「明日は午後出勤だから、ゆっくり眠ろう」と考え目を閉じ、夢の世界に旅立つ…と思ったら突然、

「朝ですよおおおお!!!!!!!!!!」

と脳みそに叩き起こされます。時間は早朝、3時間ぐらいしか寝ていません。
睡眠時間取らないと不味いって!!と必死に眠ろうとするも、身体は無駄に元気な活動モードに入っており眠ることができません。
自身のあまりの朝型人間っぷりに絶望しながら、一日を過ごすことになる…というようなことを人生で数えきれないほど経験しました。

また、夜は凄まじい睡魔に襲われるのも厄介です。
平日の退勤後はやりたいことが山ほどあります。
家事・勉強・読書・ゲーム・友人との通話など、人生を楽しむために必要なことが盛りだくさんです。
ただ、21時をすぎると眠すぎて何事にも集中できなくなり始めます。
「負けない…!負けない…!」と睡魔に対して抵抗を試みますが、必ず負けます。

そういった点から、睡眠時間を自由に確保でき、夜が活動的な夜型を羨ましく思っています。
ただ、夜型の人に聞くと、どうやら彼らは彼らで朝型の人が羨ましいようです。
結局隣の芝生は青く見えるということで、自分が持っていないものばかり魅力的に見えてしまうということなのでしょうか。

関連記事

  1. 新卒イベント2022.2.24開催【仕事研究フェスタ】に参加します!

  2. Windows 7の対応出来ていますか?

  3. 開発者あるある

  4. 三点リーダー症候群…

  5. ご来場ありがとうございました

  6. 自動車の運転について思うこと

東京アプリケーションシステム

最近の記事

  1. 2022.03.18

    物事の伝え方

一緒に働く仲間を募集しています

TASC採用情報

コンテンツ一覧