理想と現実

こんにちは!
新潟支社で勤務しているR.Aです。

新入社員として入社しておよそ半年が経ちました。会社で一日を過ごすことにも慣れ、最初に比べて本格的に業務を任されるようにもなりました。
様々な業務を任され自分自身のモチベーションも高まり、これからはバリバリ業務をこなしてどんどん活躍して貢献していこう!

…と思っていたのですが、現実はそううまくいかないものでした。

バリバリ業務をこなすどころか、周りの人が普通に理解できるレベルの業務指示を理解することができなかったり、自分のミスで何度も注意を受けたりしている日々です。
自分自身の実力が描いていた理想像とかけ離れていることをここ数日でだんだん実感するようになってきました。
そしてどうして自分はこんなに仕事ができないのだろうと思い悩み、自分の実力不足を自分自身で責めてしまい気分が沈むことが多くなってしまいました。
加えて、業務で注意を受けることを恐れ、仕事でミスをすることが怖くなってしまい、会社に行きたくなくなってしまいました。

なので会社を1日休み、休養を取ることにしました。休養中は会社から励ましのメッセージをいただきました。おかげで元気をもらうことができ、とても感謝しています。休養をとったことで気分も落ち着き、そして自分と向き合ってみました。自分の理想が高すぎたのではないだろうかなど色々考えた結果、一度理想を手放してみることにしました。ここに書いた出来事がつい最近の出来事で解決にはまだ至っていませんが、これからは理想を一度手放し、現実の自分自身の実力を把握したうえで日々の業務に取り組んでいきたいと思います。

ここから私からのメッセージなのですが、理想に及ばない現実の自分自身と向き合う時がどこかで来ると思います。その時は、まず自分自身を認めることが大切だと思います。現実の自分を簡単には受け入れられないかもしれませんが、受け入れてしまえば私のように理想通りにならずに落ち込んでしまうことも少なくなると思います。

今仕事をしている社会人の方、そして部活や受験に取り組んでいる学生の皆さんにとってこの記事が少しでもヒントになれば幸いです。もっと上手な文章で伝えることができればよかったのですが、これが自分の今の文章力と思い、受け入れたいと思います。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

ではまた!

関連記事

  1. 世界初!軟骨伝導ワイヤレスイヤホン

  2. 糸魚川にシステム提案へ

  3. 健康診断結果

  4. 【ITキャリア新潟UIターン転職フェア】 に参加いたします。

  5. FP資格を受けてみた(続き)

  6. 広く浅くか、狭く深くか

東京アプリケーションシステム

最近の記事

  1. 走る新社会人
  2. 面接を受けている人

一緒に働く仲間を募集しています

TASC採用情報

コンテンツ一覧